.

Allgood Story 福内櫻子

アンバサダー(Allgood Collective) やローカルリーダーをお招きし、
「環境責任、クリエイティブ表現、個人の健康とウェルネス」を応援する
トークイベント Allgood Storyを開いています。

今回は、Sakura Dashers(Allbirdsのランニングコミュニティ)のコーチである福内櫻子さんをお招きました。

駅伝出場・関東大学選手権大会5000mで3連覇の実績を持っている彼女ですが、
「スポーツ人生の中で、成功した一部だ」と彼女は言います。
どうやって彼女は自分を成功へ導くことができたのか。

それでは、櫻子さんのAllgood Storyを覗いてみましょう。
普段のランクラブでは見れない彼女の姿にグッときますよ。

実は体を動かすのがそこまで好きではなかった幼少期

私たち双子はスポーツをしたら得意ではあったんですけど、そんなに好きではなかったんです。何をしていたかと言うと、家に引きこもって絵を描いていました。できれば鬼ごっことかしたくなかった。だけどやらせたら早くて。

リレーの選手にも選ばれたり。小学校のマラソン大会では、私が6年間1番で妹が2番でした。

『妹が一番になる時ないの〜?』って聞かれるんですけど、それは絶対なかったです(笑)
私が本当に負けず嫌いで、逆に言うと妹が勝つことに興味がなかった。双子でもここまで性格が違うんだなと思いました。

ここにあるのは、成功したごく一部の写真です

陸上を始めたのは中学生でした。
左上の写真が高校生の時で、他は大学生の時の写真です。400x800mリレーで勝った時の写真。
右下の写真は、世界大会のユニバーシアードに出た時の写真です。

私がここに載せているのは、成功したごく一部の写真です。

私がここに立つまで、どうやって歩んできたのか、どうやったらここに立つことができたのか考えてみました。
3つ出たので、みんなのヒントになったら嬉しいなと思います。

1つ目は、夢を持って声に出すこと

これはユニバーシアードで団体優勝した時の写真です。

このフレーズってみんなよく聞いたことあると思いますが、私は実際に体験しました。

ユニバーシアードに行ったのは大学4年生の時の時で、4年前の大学1年生の時には世界に行くことも、日本で活躍することすらできない選手だったんですよ。

なんなら、その時一緒に入った同期より一番活躍していなかった。タイムも遅かったし。でも「私は世界大会に出ます。」って宣言しちゃったんですその時に。

なんてこと言ってしまったんだと思ったけれど、宣言したことによって、周りの私を見る目がガラッと変わりました。「この子は世界大会を目指すような子なんだ」と見られたんですよね。

そう見られる事によって、自分自身も私は世界大会に行く人なのかもしれない、と思うようになったんですよ。

あの時の発言がなかったら今の自分はいなかったなと思います。

伝えることによって周りの頭の良い大人が助けてくれるから、目標への一番の近道だなと思います。

2つ目、自分と向き合い分析をしてそれを明確にすること

高校生の時に何となく出たインターハイで800mを走った時に、200mでドテーッてこけてしまってすごくショックで悔しかったことがありました。でもその時に自分が今まで何をしてきたのか分からなかった、当日までの道のりが空っぽだったんです。

その時本当に悔しかったので、初心に帰って自分と向き合って、自分が今何が必要なのか。そしてその目標に対してどうやったらその目標を迎えるのか、って言うのを分析して明確にするようにしました。

明確にすることって大事だけど、じゃあどうやったら明確化できるのか?

これは高校生の時の日誌です。

この日誌は高校大学の7年間毎日書いていました。休みの日も。
これ(日誌の写真)びっしり書いてるでしょ?これは試合ではなくて、練習の日です。

書いていたのは、今日できたこと・できなかったことではなくて、自分がどう取り組んで・どう感じたのか、そして今私には何が必要なのかって言うのを書いて明確にしていました。

書いている時間に自分と向き合うんですよね。明確にすることによって行動に移ります。なので書いてください。
行動できるようになるから。

最後3つ目。応援してくれる人がたった一人でも、自分の力を信じ抜く

私は、たった一人というのがポイントだと思っています。

「世界が全員敵でも自分の力を信じれ」っていうワードあるでしょ?
でもそんなことなくない? どんなに成功していても、最初の一歩は支えてくれた人がいると思うんだ。

「櫻子さんはなんでこんなに頑張れたんですか?」ってよく質問されるんですよ。
そこでいつも答えるのが、「支えてくれた人の笑顔がどうしても見たいから私は頑張りました。」と言っていました。

たった一人いてくれれば自分の力を信じていいと思うんですよ。
最後は自分の力を信じ抜くことが大事だから、応援してくれる人がいる限り、精一杯信じていこうねって思っています。

この3つのことは、夢の大きさとか小ささ関係なく実践できるシンプルなことだから、私自身も忘れずに大切にしたいなと思いますね。

人類で初めてマラソンの2時間切りをした選手

彼はエリウド・キプチョゲ選手。リオオリンピック・北京オリンピックの金メダリストです。

彼の記録の1時間59分40秒は、2分50秒で1kmを42回走っています。2分50秒はちなみに私の現役時代の1kmの自己ベスト。なので私の自己ベストを42回走っている感じです。めちゃくちゃ早くて、歴史的な瞬間でした。

彼の素晴らしいところは走りだけではないんです。走る哲学者と言われる程素晴らしい心の持ち主なんですね。

そんなキプチョゲが、ある日22時にいつも通り寝たら夜中に目を覚ましたんですよ。その時思ったのが、「もし全ての森林が枯れてしまったら、僕たちはどこを走ればいいんだろうか?」

そこでキプチョゲが去年こんな財団を立ち上げます。
キプチョゲの教育と環境の財団です。

この財団は、ケニアの教育と環境のために立ち上げたものでした。

ランナーとして地球環境も守っていきたい

ケニアに毎年来るはずの雨季が来なくなって2年。今年の雨季が来ないと大変なことになると言われています。
そして、アフリカ最大のスラム街があるケニアでは、子供の教育機会の損失、そして性的差別やジェンダーによる問題が止まらないようです。

ケニアでは、スポーツを自由に楽しむことができるのは本当にごく一部なんです。ケニアの方が当たり前に世界陸上や箱根駅伝に出ているのを見てきましたが、どれだけ国を背負って、そして家庭を背負ってスポーツを取り組んでいるのか。そんな状況の中、夢を追い続けている姿に感動しました。

私には当たり前に与えられてきたグランドや空気とかなくなるかもしれない。
実は教育と環境が一つになって初めてスポーツが楽しめるんだと気付かされました。

私も今まで当たり前にあった環境をランナーとして守っていかないといけないし、私もキプチョゲ選手みたいに、どんな人でもどんな状況でも、夢を追おうとする人への背中を押してあげれるような人でありたいなと思います。