.

.

Allgood Story 鎌田安里紗

Allbirdsではアンバサダー(Allgood Collective) やローカルリーダーとお招きし、
「環境責任、クリエイティブ表現、個人の健康とウェルネス」を応援する
トークイベント Allgood Storyを開いています。

今回は、Allbirdsと「多様性があって健康的なファッション産業をともにつくる」事を成し遂げたいと掲げているunisteps共同代表・服のたね主宰の鎌田安里紗さん。

安里紗さんのAllgood Storyを紐解いてみましょう。

お洋服の楽しみ方はコーディネートだけじゃない

高校生の時、渋谷109のショップ店員のアルバイトを始めてファッションの世界に足を入れました。

当時、生産背景や作るプロセスのことは全然知らなかったんですが、食品でフェアトレードを聞くことが増えていた時代だったので、「ファッションはどうなんだろう?」と思い調べていると、色々問題があるぞ…と気付いたんです。

色んな勉強会に足を運んでいた中でご縁をいただき、フェアトレードのパイオニアである People Treeのバングラデッシュにある生産地に連れていってもらいました。

そしたら、めちゃくちゃ面白い!釜戸で火を起こして、糸を茹でて、染めて、干して…。
『全部のプロセスって人の手でできるの?』と感動してワクワクしたんです。

今までお洋服を楽しみ方はコーディネートや組み合わせだけと思っていたけれど、「ものを作る過程ってこんなにも面白かったのか!もっと知ってもらいたい! 」と思ってエシカルファッション・フェアトレードの情報を発信するようになりました。

洋服はどうやって作られているの?

コットンのTシャツを想定したら、最初は植物なので栽培から始まります。

なかなかファッションと農業って結びついて語られることがないんですが、Allbirdsで使われているウールも牧場から収穫されて作られるので、アパレル産業は土とダイレクトにつながっている産業です。

コットンは5月に種まきをしたら、12月くらいに収穫できます。意外と長い時間がかかるのですが、綿を収穫して、糸にして、生地にして、染めて、切って、縫って、ようやく服が出来ます。

私達がお洋服に合うのは、出来上がったものしか見ることができないけれど生産背景にすごい長いプロセスがあって、サプライチェーンが複雑で不透明であることがファッション産業の課題としてよくあげられています。

参照:unisteps®️

種から服を育てる『服のたね』

不透明なサプラーチェーンを持っているファッション産業には、大量廃棄・動物虐待・生態への悪影響などたくさんの問題を抱えています。

その問題へアプローチし、オーガニック素材・廃棄物の再利用・フェアトレードなどを取り入れるものづくりの仕方をサスティナブルファッションと総称しています。

そのアクションの一貫として自分で体感すると記憶に残るなと思い(私の場合話を聞くだけだと忘れてしまうので笑)、
体感できるきっかけとして、服のたねを5年前に始めました。
参加者にコットンの種を配布し、種を育ててもらい、綿を回収し、みんなで洋服を作る企画です。

ちなみに、気候変動が原因なのか分からないんですが、毎年育てていると違いが見えたりして、最近は綿が取れるのがどんどん遅れているんです。

「そういえば服って植物だったな。枯れてしまうこともあるな。」
「日常的に服を購入するときは、ボタンを押すと無限に出てくる洋服がそうではなく、貴重なものなんだな」と私も教えてもらっています。

Allgood Collective

鎌田安里紗

(エシカルファッションプランナー・モデル)

「多様性のある健康的なファッション産業に」をビジョンに掲げる一般社団法人unistepsの共同代表をつとめ、衣服の生産から廃棄の過程で、自然環境や社会への影響に目を向けることを促す企画を幅広く展開。

種から綿を育てて服をつくる「服のたね」、衣服を取り巻くモヤモヤについてともに学び考えるプラットフォーム「Honest Closet」など。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程在籍。